アクティビティ

第10回 少年硬式野球選手権大会 抽選会

2018年1月14日に、第10回少年硬式野球選手権大会の抽選会が行われました。  

松山西ライオンズクラブは、青少年の健全育成の一環として、

大会を共催しております。

 

 

 

青少年・LCIF委員長の宮崎さんの抽選により

選手宣誓のチームが決まりました。

 

抽選会の様子

 

 

 

 

 

国際平和ポスター

今回の平和ポスターは、北久米小学校から77枚、久米小学校からは4枚の応募がありました。
厳正な審査の結果、クラブからの選出は、久米小学校の竹葉らんさんに決定しました。
感謝と表彰を伝えるために、北久米小学校、久米小学校へ伺いました。
久米小学校に伺うと、授業中にも関わらず、校長室で待機して下さった
かわいい、らんさんの笑顔を拝見できてよかったです。
どうか…このポスターが最終まで残りますように!! 宮崎佳代子

三愛園一日里親事業

三愛園一日里親事業

松山西ライオンズクラブ

環境保全・保健福祉・アラート委員長 武知美穂

一日里親事業は、児童擁護施設 三愛園の子供たちとクラブ会員とが一緒に過ごす事業で11年目になります。今期は、レクレーションとして、プロマジシャンによる子供向けのマジックショーを披露しました。また、子供たちにもできる簡単なマジックを教授してもらい、夢中で試している子供たちの姿が印象的でした。その後はバーベキューです。クラブ会員が子供たちの為にひたすらお肉を焼きます。美味しそうに頬張る子供たちの笑顔を見ていると、こちらまで嬉しくなってくるものです。最後に、会長扮するサンタクロースから、ひとりひとりにクリスマスプレゼントを手渡しました。子供たちの代表から御礼のことばが述べられ、「ありがとうございました。来年もまた来てください。」との言葉があり、来期も継続することが約束したような次第です。単年度事業では成し得ない、大きな成果が継続事業にはあります。ライオンズ精神を再認識できた、楽しい1日でした。

 

植樹運動

植樹運動

松山西ライオンズクラブでは、継続事業として植樹と一日里親事業を行っています。

植樹事業を始めて21年目になります。今期は、松山市野外活動センターに、ソメイヨシノを3本寄贈させていただきました。植樹当日は、松山市から担当者も複数名参加され、クラブ会員と一緒に作業されました。同センターには立派な桜並木があります。しかし老木になりつつあり、徐々に植え替えが必要な時期に差し掛かっています。私たちが継続して植樹することによって保全され、多くの市民の憩いの場として愛され続けることでしょう。

早朝の植樹の様子